【分かりやすく解説】銀行と信用金庫ってどう違うの?知ってるようで知らない金融機関の話

特集・コラム

素朴の疑問なんですけど、街の中に銀行以外に信用金庫とか労働金庫とかってありますよね?
こちらも全部金融機関なんですか?

普段、給料の振込や貯金などでしか利用しない場合、あまり利用する機会はないかもしれませんね。
すべて金融機関の仲間ですよ。

ただ、目的や根拠となる法律が違うんです。

法律まで違うんですね。。
くわしく教えてください!

金融機関の種類

金融機関というと「銀行」が真っ先に出てくると思いますが、保険会社や消費者金融もすべて金融機関に含まれます。
今回はその中でも「預貯金取扱金融機関」に分類される金融機関を中心に解説していきます。

預貯金取扱金融機関の種類

預貯金取扱い金融機関の種類ですが、大きく分けると

  • 銀行(普通銀行)
  • 信用金庫
  • 信用協同組合(信用組合)
  • 労働金庫
  • 一部の農業協同組合、漁業協同組合、水産加工業協同組合

があります。

たしかに、街中で見かける名前ですね。
それぞれ、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

銀行(普通銀行)

普通銀行(以下、銀行)は「銀行法」に基づいています。

銀行の業務の公共性にかんがみ、信用を維持し、預金者等の保護を確保するとともに金融の円滑を図るため、銀行の業務の健全かつ適切な運営を期し、もつて国民経済の健全な発展に資すること

銀行法 第一章 総則 第一条

とあります。

尚、普通銀行は営利目的の法人なので株式会社になります。
一部の銀行は、同じ株式会社が複数の銀行を運営していたりするんですね。

そして、銀行の中にもいくつか種類があります。

【ここから先は会員の方のみご覧頂けます 】
 会員登録 >