暗号資産(仮想通貨)ってなに?ビットコインとは?図解で分かりやすく解説 ― お金のしくみ

特集・コラム

最近よく聞く「暗号資産」ってなにか知っていますか??

ネットで出回ってるお金ですよね!
「暗号資産」は「仮想通貨」の「ブロックチェーン」で「マイニング」ですよね!

。。。とりあえず知っている言葉を並べていますよね。
たしかに、それらのキーワードは暗号資産と密接に関係しています。
今回は、暗号資産について分かりやすく解説していきたいと思います。

暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号資産?仮想通貨?法定通貨?デジタル通貨?どう違うの?

まず始めに、暗号資産と仮想通貨は同じ意味です。

当初、仮想通貨という言葉が一般的でしたが、最近では世界中で暗号資産と呼ばれるようになり、日本でも法律(改正資金決済法 2020年5月1日施行)で「暗号資産」が正式名称となりました。
参考:金融庁「仮想通貨交換業者に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」

では本題に入りましょう。
暗号資産(仮想通貨)とはなんでしょうか?

簡単にいうと、

「インターネット上でやりとりできるお金」

のことです。

詳細な定義としては、

  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録されて、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

とされています。
引用・参考:日本銀行「暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?」

私たちが普段買い物をする時に使う現金(円 ・ドル・ユーロ)である「法定通貨」に対して、暗号資産はインターネット上に存在するお金「デジタル通貨」の一つとされています。

法定通貨とデジタル通貨のグループ図

2009年に登場した「ビットコイン」が暗号資産の中で有名ですが、なんと世界には約5,000種類以上の暗号資産があるんです。
これらの暗号資産は法定通貨に代わる決済手段、株やFX(外国為替取引)のような投資商品として世界規模で急速に普及しています。

暗号資産を管理する技術「ブロックチェーン」

法定通貨は手元にお札や硬貨があるので一目でお金と分かりますし、国や特定の機関が管理しています。
しかし、暗号資産は国や特定の機関のような管理者は存在しません。

では、どうやって管理しているのでしょうか。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >




このエントリーをはてなブックマークに追加

×

投資家向けIoT住宅ロボットハウス 投資家目線で建築工程を密着取材