暗号資産(仮想通貨)ってなに?分かりやすく図解で解説【お金のしくみ】

特集・コラム

最近よく聞く「暗号資産」ってなにか知っていますか??

ネットで出回ってるお金ですよね!
「暗号資産」は「仮想通貨」の「ブロックチェーン」で「マイニング」ですよね!

。。。とりあえず知っている言葉を並べていますよね。
たしかに、それらのキーワードは暗号資産と密接に関係しています。
今回は、暗号資産について分かりやすく解説していきたいと思います。

暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号資産?仮想通貨?法定通貨?デジタル通貨?どう違うの?

まず始めに、暗号資産と仮想通貨は同じ意味です。

当初、仮想通貨という言葉が一般的でしたが、最近では世界中で暗号資産と呼ばれるようになり、日本でも法律(改正資金決済法 2020年5月1日施行)で「暗号資産」が正式名称となりました。
参考:金融庁「仮想通貨交換業者に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」

では本題に入りましょう。
暗号資産(仮想通貨)とはなんでしょうか?

簡単にいうと、

「インターネット上でやりとりできるお金」

のことです。

詳細な定義としては、

  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録されて、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

とされています。
引用・参考:日本銀行「暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?」

私たちが普段買い物をする時に使う現金(円 ・ドル・ユーロ)である「法定通貨」に対して、暗号資産はインターネット上に存在するお金「デジタル通貨」の一つとされています。

法定通貨とデジタル通貨のグループ図

2009年に登場した「ビットコイン」が暗号資産の中で有名ですが、なんと世界には約5,000種類以上の暗号資産があるんです。
これらの暗号資産は法定通貨に代わる決済手段、株やFX(外国為替取引)のような投資商品として世界規模で急速に普及しています。

暗号資産を管理する技術「ブロックチェーン」

法定通貨は手元にお札や硬貨があるので一目でお金と分かりますし、国や特定の機関が管理しています。
しかし、暗号資産は国や特定の機関のような管理者は存在しません。

では、どうやって管理しているのでしょうか。

これには「ブロックチェーン」という技術が採用されています。
技術的な説明をすると難しくなってしまうので、ここでは簡単なイメージで解説していきたいと思います。
あくまでも、イメージとしてつかんでください。

ブロックチェーンのイメージ(超簡単)

ブロックチェーンとは、「ブロック = 塊(かたまり)」「チェーン = 鎖(くさり)」という2つの要素からできています。

では、バケツリレーを例にイメージしてみましょう。
ブロックはバケツ、チェーンはリレーと考えてください。

基本的なルールは2つだけ。

  • 買い物した時のレシート(取引データ)をバケツに入れる
  • 一定の時間がたったらレシートを次のバケツに移す


買い物したらレシートを入れる、一定の時間がたったら次のバケツにすべてのレシートを移す、という作業を繰り返します。

参加者全員が管理者であり、バケツの中身(レシート)を共有しているので、ズルはできませんし、万が一、管理者の誰かがレシートを無くしてもみんな中身を知っているので大丈夫という仕組みです。

そのため、取引データの改ざん(勝手に書き換えること)や紛失を防ぐことができるという訳です。

ブロックチェーンは、とても安全な技術なんですよ。

新しいブロックをつくるゲーム「マイニング」

このバケツリレーで新しいブロックを作るゲームを「マイニング(採掘)」といいます。

細かい仕組みの説明は省きますが、計算ゲーム(激ムズ)形式で新しいブロック(バケツ)を作るスピードを競います。
ちなみに、ゲームの参加人数や参加者全体のレベルに応じて難易度が変更されるそうですよ。

そして、このゲームは、

優勝者に「賞金(報酬)」があるんです。

例えばビットコインでは約10分に1回、1ビットコイン(1BTC = 103万円 ※2020年5月28日の価格)もらえるんです!

報酬はマイニングした暗号資産で支払われます。
報酬は高額なので、個人だけでなく企業も参加しているガチのゲームなんです。

暗号資産を購入・売却する「取引所」

暗号資産を購入・売却するには、専門の「取引所」を介して円やドル等の法定通貨と交換します。

この「取引所」とは、株取引でいうところの「東証」や「マザーズ」などの株を売買する市場で、暗号資産も同じように売買する市場があります。
取引所は、2020年5月時点で、すでに世界で約2万箇所あるそうです。
※取引所によって取り扱う暗号資産の種類や手数料が違います

なるほど!
暗号資産がどんなものか分かってきました!!
マイニングの意味もなんとなく分かった気がします。

でも素朴な疑問なんですけど…別に普段使ってる法定通貨(現金)で十分じゃないですか??

たしかに、これだけ聞くと世間で騒がれるほどの理由が見当たりませんよね。
それでは、暗号資産の特徴を解説していきましょう。

暗号資産の特徴

特定の国が発行・管理していない

世界中の利用者が互いにリアルタイムでチェック、管理を行っています。
特定の国による政治的介入を受けることがありません。

すべての取引データが暗号資産内に記載されているため、改ざんや不正ができない

取引データはすべてデジタル通貨内のデータ(ブロックチェーン)に記載されています。
世界中で共有されているため、改ざん・不正ができない仕組みになっています。
偽札のような偽造ができないので安全といえるでしょう。

世界中どこでも利用でき、手数料も安価で瞬時に送付可能

同じ種類の暗号資産で取引すれば、円→ドルのような両替の手数料はかかりません。
また、海外送金する場合、銀行を経由する必要がないため、送金のコストも法定通貨に比べて安くてスピーディに送金できます。

また、銀行振込の振込先情報のような個別情報がなしで匿名で取引(送付などの授受)可能となっています。

暗号資産の代表格「ビットコイン」

暗号資産といってもさまざまな通貨が発行されていますが、一番有名な通貨「ビットコイン」についてお話したいと思います。

ビットコインの歴史

ビットコイン(BTC)の始まりは2008年10月。

突如、ネット上にサトシ・ナカモトの名前で電子通貨「ビットコイン」の論文が発表されました。
そして、2009年1月に運用開始、2009年10月には法定通貨との交換レートが提示されます。
当時、BTCと日本円のレートは「1BTC = 0.07円」という価格がつきました。

その後、さまざまな経済や社会情勢に左右され激しい上がり下がりを続け、 2017年12月には史上最高値の1BTC = 約216万円の価格を付けました。

現在では、価格調整などもあり、約40~110万円の範囲で値動きが続いています。

BTCの価格推移

引用:TradingView

ビットコインは発行枚数の上限が2100万BTCと決まっています。
いずれは上限に達するため、需要と供給のバランスにより、価格は上昇していく傾向にあると言われています。

ちなみに、ビットコインの最小単位は発案者にちなんで1satoshi(サトシ)となっており、価値としては0.00000001BTCだそうです。

暗号資産のこれから

暗号資産への良くないイメージと誤解

過去に、取引業者の管理体制等の問題により、盗難・流出事件が数多く発生していました。
そのため、暗号資産は「うさん臭い・あやしい」などの良くないイメージがついている方も多いかと思います。
しかしながら、暗号資産の改ざんが行われたことは一度もなく、ブロックチェーンを利用した暗号資産の技術自体が問題になったことはありません。

つまり、お金を金庫から盗まれたことがあっても、偽札を作られたことはないという訳です。

法制度の整備

現在、国内の取引所では環境の整備が進められ、取引・管理・販売などを行うには「暗号資産交換業」という免許が必要となりました。
法整備により、多くあった国内の業者の管理体制が改善され、紛失・盗難などの事件の発生が極めて少なくなりました。

またハッキングなどの対策として、オンライン上で暗号資産を管理するのではなく、インターネット環境から隔離した状態で管理する体制に変更され、より安全性の高いものとなりました。

いかがでしたか?
暗号資産は、ここ10年くらいで確立された新しい時代のお金です。
まだ発展途上ではありますが、今後注目のキーワードですね。
最後にポイントをおさらいしておきましょう。

今回のポイント

  • 暗号資産とは「インターネット上でやりとりできるお金」である
  • 暗号資産の中で一番有名な通貨は「ビットコイン」
  • 暗号資産は盗まれたことはあっても改ざんされたことはない

このエントリーをはてなブックマークに追加