日経平均株価とは?TOPIXとの違いや関連投資商品についても解説

特集・コラム

毎日、『日経平均株価』という言葉を聞きますよね。今さらなんですが、どういう意味なんですか?

リス男くんもニュースを見るんですね。確かに日経平均株価という言葉は毎日聞きますし、最近は過去にない上昇が話題になっています。

あと、TOPIXもいつも一緒にニュースで紹介していますよね。これも日経平均株価と関係があるんですか?

気になりますよね。今回は日経平均株価とは何か、またTOPIXとの違いについて紹介します。投資には欠かせない基本的な数値なので、ぜひ覚えておきましょう。

日経平均株価とは日本企業の株価を知る指標

日経平均株価とは、日本経済新聞社が選んだ東証一部上場の225社の平均株価のことです。225社はいずれも、様々な業種から日本を代表する会社と判断された会社のみが選ばれています。

これらの代表的な会社の平均株価を知ることで、日本の企業全体の株価の動きが分かります。日経平均株価が上昇しているときは日本の企業の株価もそれぞれ上昇していることが多く、反対に下落しているときは日本の多くの企業の株価が下落していると考えられるでしょう。

なお、225社から成り立つため「日経225」と呼ぶこともあります。

日経平均株価以外の国内株価指標

例えば東証株価指数(TOPIX)は、東証一部に上場している全ての銘柄の時価総額を指数化したものです。そのため日経平均株価のように株価の高い銘柄の影響を受けるのではなく、時価総額が高い銘柄の影響を強く受けます。

海外の平均株価指標

例えばアメリカならばニューヨーク証券取引所等に上場している30銘柄の株価より算出した「ダウ平均株価」などの指数がよく知られています。日本でも毎日ニュースで報道しているため、ダウ平均の名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

また、イギリスならばロンドン証券取引所に上場している時価総額上位の100銘柄の株価により算出した「FTSE100」、ドイツならばフランクフルト証券取引所に上場している優良企業30銘柄の株価の時価総額を考慮した加重平均により算出した「ドイツ株価指数」などで株価の動向をうかがうことがあります。

日経平均株価の見方

日経平均株価が高いと景気はどうなるのでしょうか。また、日経平均株価が決まる要因についても見ていきましょう。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

FUNDROPではじめる不動産クラウドファンディング