「FIRE」は年収400万円台でも可能!?「studyFIRE」でFIRE達成までの道のりをシミュレーション

企業インタビュー

以前の記事でも取り上げた「FIRE(早期リタイア)」。私も憧れています!
しかし、実現に向けてどのように準備をしたら良いのでしょうか?

そのお悩み、当社で解決します!
この度、業界初のFIREまでの道のりをシミュレーションできるサービス「studyFIRE」を始めました。

FIRE実現までをシミュレーションできるんですか!ぜひ試してみたいです!
今回は、「studyFIRE」の運営会社である株式会社ネクスウィル代表取締役CEO丸岡氏にお話を聞いてきました。

よろしくお願いします。
誤解されがちですが、「FIRE」とはただの早期リタイアではないんです!
「FIRE」の本来の意味や、達成するためのポイントについて解説していきたいと思います。

「FIRE」とは、ただの”早期リタイア”ではない?

あすか:「FIRE」とは、そもそも何でしょうか?

丸岡氏:Financial Independence, Retire Early(経済的自立、早期退職)の頭文字をとって「FIRE(ファイア)」です。端的に言えば、「お金のためだけに縛られてヘトヘトになるまで働き続ける環境から脱却する」というライフスタイルや概念を指します。

2014年頃からアメリカでブームになり、日本でも特にこの1~2年で副業の解禁や新型コロナウィルスの影響から、新しい生活様式や価値観の変化により広まってきました。

あすか:日本でも早期リタイアのブームは過去にもありましたよね。今流行りのFIREとは何が違うのでしょうか?

丸岡氏:従来の早期リタイアと異なるのは、億万長者になって仕事を辞めて資産を切り崩して生活するというものではなく、投資などを行って元本である資産は減らさず何歳まで生きてもお金の問題がないように備えることを指します。
よく勘違いされる方も多いのですが、FIREはお金持ちになることがゴールではなく「豊かな人生を楽しむこと」を目標としています。

「FIRE」達成のために

あすか:「FIRE」とても憧れます!しかし、まずどのくらい資産を準備する必要があるのでしょうか?

丸岡氏:FIRE開始時に必要な資産は「25 倍の資産、年利4%ルール」です。これは、年間支出の25 倍の資産を築くことができれば、年利4%の運用によって生活費をまかなえると言われています。

例えば、年間支出が300 万円と想定すると資産は、

300 万円×25 倍=7,500 万円

まず、7,500 万円の資産を準備し、生活費は年利4%で運用して、元本を減らさずに生活するということになります。

新サービス「studyFIRE」でFIRE達成を

あすか:想定年間支出の25倍の資産を準備する必要があるんですね。でも、どのように準備していったらいいのか

丸岡氏:その準備「studyFIRE 」がお手伝いします!
現在の資産や支出など、たった5つのステップを入力するだけで誰でも簡単にFIREまでの道筋をシミュレーションし、目標達成のために必要な資金等の数値を可視化することができます。

FIRE を達成するうえで最も大切なことは、世の中の平均的な数値ではなく、自分の資産や支出の数値を知ることです。
現代の生活スタイルは十人十色で、家族構成、居住地、働き方、趣味などによって求める数値も異なります。そもそもFIRE には「1億円貯めたら達成」など1つの正解というものはありません。
だからこそ、自分の数値を知ることが大切で、達成する上で欠かせない作業です。

あすか:自分で計画を立てるのは大変なので、5つのステップを入力するだけでシミュレーションできるのはとても便利ですね!

丸岡氏:また「studyFIRE」は、FP(ファイナンシャルプランナー)やFIREを達成した投資家によって作成された的確なシミュレーションをもとに、収入・支出・投資の3つを、何をいつどのように調整したらいいか数値化することで、あなただけのシミュレーションを作成し、理想的なFIREに近づけることができます。
FIRE を達成したいのは5年後なのか、10年後なのか。そもそも目標はFIREなのか、サイドFIRE(セミリタイア)なのかも選択でき、FIREまでの道筋やライフプラン、投資計画など理想に合わせてシミュレーションができます。

あすか:しかし、シミュレーションを作成しても、実際に予定通りいくのか不安です。

丸岡氏:シミュレーションの結果を保存しておけるので、結婚・マイホームの購入など、ライフスタイルの変化に合わせて、随時データを更新して見直し修正が可能です。

ご希望の方には、

  • FP(ファイナンシャルプランナー)が支出の見直しを無料でコンサル
  • より早くFIREを達成するために必要な投資案件のご紹介

などのサービスもございます。
是非、「studyFIRE」を使ってみてください!

「FIRE」を人生の選択肢に

あすか:その時々の自分に合ったシミュレーションを作成できるのは、とても便利ですね!
しかし、「FIRE」という言葉はよく聞きますが、日本で実際に「FIREした」という方は少ないように感じます。

丸岡氏:確かにそうですね。要因として、日本は資産運用について学ぶきっかっけがなく「投資=リスク」「貯蓄=安全」と思っている方が多いからだと思います。
日本は先進国の中で最も労働時間が長く、幸福度が低い国とされ、お金にまつわる問題も年々深刻になってきています。人生をより豊かに過ごすには、国の制度に頼ることなく、個人が経済的に自立する必要性が増してきます。

インフラや給与水準、投資環境などが整っている日本では、やり方次第で誰でも堅実・安定的な運用しながらFIREの実現が可能です。その一方で、急いでFIREを達成しようとして焦って失敗している方も少なくありません。短期間でお金を増やすことはリスクも高く至難の技です。

投資や事業で成功している方は「いつか家が欲しい」「老後には海外に移住したい」などの漠然とした夢ではなく、「今ある資金を○年後 に、○万円に増やす」のように目標と時間軸を明確にしています。
そうすると自然と、達成するにはどうしたらいいか?という手段も具体的に見えてきます。まずは「目標値・時間・手段」を明確にしてみることから始めましょう。

あすか:私も明確な目標を立ててシミュレーションしてみます!「studyFIRE」の今後のビジョンについても教えてください!

丸岡氏:老後資金2,000 万円問題を不安に思い2,000 万円の貯蓄を目指し、お金のために仕方なく働くのではなく、好きな事を好きな場所と人で過ごすために、より多くの方にFIREという選択肢があるということを広めていきたいです。

人生を豊かに暮らしていく”MY Life Desing”をテーマに、そんな「選択」が当たり前にできる世の中にすることを使命としています。
自分らしく生きる上で「生活防衛」の一手段として、投資で「経済的自立」を実現するための堅実・安定的な運用情報の発信を「studyFIRE」で提供していきます。

それぞれの生活や目的に合ったプランを立てることが重要なんですね!人生について考える良い機会になりました。
本日はありがとうございました。

皆さんもライフプランを見直して、「FIRE」を人生の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
ご興味のある方は「studyFIRE」でシミュレーションをしてみても良いかも!?

studyFIRE

業界初のFIREシミュレーションシステム。5つのステップでFIREまでの道筋をシミュレーションし、明確な道のりを視覚化することが可能です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

×

FUNDROPではじめる不動産クラウドファンディング