【分かりやすく解説】最近よく聞く「SDGs」ってなに?投資と切っても切れない関係

投資

最近「SDGs」って言葉をニュースなどで良く見かけるんですけど、これってなんなんですか??

さすがリス男くん。目の付けどころがいいですね!
SDGs(エスディージーズ)とは、 Sustainable Development Goalsの略で日本語では「 持続可能な開発目標 」と言われています。

持続可能な目標ですか。。
僕ダイエットはじめても三日坊主で続かないんですよね。

「継続は力なり」ですよ。
ダイエットの話はさておき、この目標とは誰がどこに向かうための目標なのか解説していきます。

全世界の人が対象!?SDGs採択の背景と向かう先

SDGsの前のSDGsは2015年9月の国連サミットで採択された、 「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するための、国をまたいで全世界の国・人々に向けられた目標です。
目標の期日は2030年とされており、5つの特徴を持った17の目標が掲げられています。

5つの特徴

1. 普遍性 先進国を含め,全ての国が行動
2. 包摂性 人間の安全保障の理念を反映し 「誰一人取り残さない」
3. 参画型 全てのステークホルダーが役割を
4. 統合性 社会・経済・環境に統合的に取り組む
5. 透明性 定期的にフォローアップ

この17の目標ですが、大きく分けると8分野に分かれており日本政府よりさらに具体的な取り組みの指標がかかげられています。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >



続きの記事もチェック!
投資家が使うワード「SDGs・CSR・CSV・ESG」ってなに?投資と切っても切れない関係である理由