新型コロナの影響からみるハワイ不動産市場の動き

海外不動産

5月末までロックダウンが続くハワイですが、現在のハワイ不動産の状況を専門家である現地のリアルター「トリロ・サチコ」さんにお伺いしてみました!

こんにちは。
全世界で、現在大変な状況が続く中ではありますが、ポスト・コロナの経済活性化に向けて、現地の情報を発信していきたいと思います。

ありがとうございます!
まだ、日本でも予断を許さない状況ではありますが、こんな状況だからこそ、さまざまなメディアで情報に接する事ができます。
おかねの窓口では、現地の貴重な情報をお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ハワイの不動産売買の状況

冒頭でも触れられていたようにハワイは5/31までロックダウンが続いている状況ですが、若干の緩和が始まっています。

コロナの影響で不動産販売戸数は大幅にダウンしていますが、実は価格は上がっているんです。
ハワイ不動産の現状について、統計をご覧いただきながらご説明したいと思います。

まずは4月の統計を見てみましょう。

4月の統計

オアフ島不動産統計
(2020年4月時点、ホノルル不動産協会MLSデータによる)

上記の表のとおり、去年に比べて、販売戸数や市場の物件数・在庫数が下がっている中、実勢価格中央値は、一戸建て+5.5%、コンドミニアム+7.4%と価格が上がっていることが分かります。

市ごとの登記完了件数

では、コロナウィルスがどのぐらいハワイ不動産市場に影響を与えているのか、見てみましょう。

ハワイで外出禁止令が発令されたのが3月23日。

この時点から4月24日までの1ヶ月間に登記が完了した物件の数を市ごとにまとめ、去年の同じ期間の数字と比較してみました。
※数字はホノルル不動産協会MLSデータに基づく

Single Family Home(一戸建て)

ハワイの市別登記完了物件数(一戸建て)

一戸建ては去年同時期に比べ販売戸数が全体で8.8%少なくなっています。
ですが、カネオヘ、エバビーチ、カイルアなど郊外では販売戸数が増えています。

続いて、コンドミニアムの状況を見てみましょう。

Condominium(コンドミニアム)

ハワイの市別登記完了物件数(コンドミニアム)

コンドミニアムの販売戸数は去年に比べ、大幅に19.2%減少しました。
ホノルル市のコンドミニアムの販売戸数は25%も減少しています。
ワイキキのホテルコンドミニアムの販売が滞っていることも原因と思われます。
逆に郊外のアイエア、エバビーチ、カポレイやカイルアのコンドミニアム販売戸数は増えています。

参考までに、3月23日から4月24日までの売買契約成立件数を見てみましょう。
※数字はホノルル不動産協会MLSデータに基づく

売買契約成立件数(3/23~4/24)

外出禁止令が出ている間でも、合計557件の契約が成立しています。
恐らく、皆さんが予想していたより多くの物件が契約に入っていると思います。

まとめ

ここまでご紹介してきた一連の数字から、色々なヒントを得ることができます。

もしホテルコンドミニアムのご購入をお考えでしたら、この外出禁止令に伴う観光業の冷え込みで大きな打撃を受けているオーナーが多いと思われるので、購入のチャンスかもしれません。
ただし、購入後、このロックダウン状態が解除されて観光業界全体が回復するまでは収入の見込みがないので覚悟が必要です。


もしタイプにこだわらない投資物件をお考えの方は、経費が高いホテルコンドミニアムより、長期賃貸用の郊外にある実需物件を狙うのもいいかと思います。

例えばエバビーチやカポレイ。現在のような厳しい状況でも需要があります。

コロナの影響で観光業が冷え込んでいる中、特にワイキキは販売戸数が落ち込んでいます。
逆に、購入に適しているということもいえるでしょう。

今すでにハワイに不動産をご所有でしたら、 ご所有物件を担保に借り入れをおこし、新規物件の購入という方法もあります。
興味のある方は下記のサイトを参考にしても良いでしょう。



このような状況でも一定数の需要はありますし、ポスト・コロナに備えて既に動き始めている投資家の方々もいらっしゃいます。
ご自身の資産状況や今後の資産形成をふまえて、計画的に準備することをオススメいたします。

誠実、実直、そしてゴール志向(目的達成意識) 。
日本とハワイでの長年にわたる豊富なカスタマーサービス経験を活かし、常にお客様のニーズにお応えすることを最優先にしています。

Blue Bunny Hawaii Realty LLC

惜しみない仕事への熱意とプロフェッショナルな専門知識、行き届いたカスタマーサービスで、多くの顧客様から信頼を得ています。
専門資格:e-PRO (Expert in Internet Marketing), CHMS (Certified Home Marketing Specialist) and GRI (Graduate Realtor Institute).