【融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)】確定申告は必要?税金の種類、節税のポイント

投資

融資型クラウドファンディング(一般に「ソーシャルレンディング」と呼んでいる)を始めたばかりの方、これから始めることを検討されている方が気にされることの一つに税金や確定申告があるのではないでしょうか。

確定申告が必要なのに申告や納税が漏れると、ペナルティが発生することもあるんですよね。

そうならないためにも、ソーシャルレンディングに関する税金や確定申告の有無を知っておきましょう。
今回は、ソーシャルレンディングで節税するポイントも解説します。

ソーシャルレンディングの分配金は「雑所得」

ソーシャルレンディングで分配金を受け取った場合、どのような所得になるのでしょうか?

ソーシャルレンディングの分配金は、受け取る際に20.42%(復興特別所得税を含む)の源泉所得税が源泉徴収として差引かれます。
そのため、公社債の利子や公社債投信の配当を得ている方は、同じ利子所得のように感じられるかもしれません。
しかし、ソーシャルレンディングの分配金は税法上、「雑所得」に分類されます。
現在、所得は「給与所得」「事業所得」など10種類に分類されています。
どの分類にも当てはまらない所得を「雑所得」と呼んでいます。
雑所得は必要経費が認められるものの、損益通算ができないなどのデメリットがあります(詳しくは後述します)。

ソーシャルレンディングの所得税計算は「総合課税」

雑所得は、所得税を計算する際には「総合課税」となります。
総合課税とは、給与所得などの他の所得と合算して課税所得を計算することです。

ソーシャルレンディングで確定申告は必要?

ソーシャルレンディングの分配金は、雑所得にあたるため総合課税となり、原則、確定申告が必要となります。
「原則」としたのは、一部例外として確定申告が必要でない場合もあるからです。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >




このエントリーをはてなブックマークに追加

×

成功する人は選んでいます。共に託すTOMOTAQU(トモタク)一口10万円から投資を始められる不動産小口投資