初めてのFX!おすすめの口座や基本的な考え方をご紹介します

投資

初めてFX取引を始めようと思った際に、取り扱い業者が多すぎてどこで口座開設すれば良いのか分からないといったことがあると思います。そんなの方におすすめのFX口座をご紹介します。

また比較を見ても、結局どの口座がベストなのかわからない、と思われるかもしれません。実際のところ、ベストな口座は人によって異なり、それぞれに一長一短があります。

正直、FX口座はどれを選んでも問題なく取引できてしまうので迷ってしまいます。そこで、FX口座を選ぶ際の基本的な考え方についても解説します。

FX口座を選ぶ際の基本的な考え方

FX口座を選ぶ上で基本的な考え方は以下の2点です。

 比較するポイントを知っておく
 複数の口座を開設する

まず最初に比較するポイントを把握し、優先順位を付けます。そして複数の口座を開設して確認していくことが重要です。

開設した口座すべてで取引の必要はなく、操作感だけ試してみるのも良いでしょう。

次に具体的な比較ポイントとしては以下が挙げられます。

  1. 最低取引単位
  2. スプレッド
  3. 通貨ペア
  4. 口座開設キャンペーン

最低取引単位

最低取引単位とは、FX口座で取引できるもっとも少ない金額のことです。ただし、FXは複数の通貨を扱う仕組みなので、最低取引単位は○○円ではなく○○通貨と表現されます。

〇〇通貨を円に変換して考えることになります。相場をつかむために、具体的なサービスの最低取引単価をご紹介します。

  • SBI FXトレード:1通貨(約5円)
  • Money Partners:100通貨(約450円)
  • LIGHT FX:1,000通貨(約4,500円)
  • GMOクリック証券:10,000通貨(45,000円)
  • DMM FX:10,000通貨(45,000円)

相場としては1,000通貨、10,000通貨くらいで、SBI FXトレードのように特別に最低取引単価が低く設定されているサービスもあります。初心者の方がどのくらいの取引金額から始めるべきかは取引予定資金によって変わってきますが、1,000通貨程度がおすすめされる場合が多いです。

もっと低い金額で取引を始めるのも一つの選択肢ですが、数通貨の取引になるとデモトレードと変わらないと言えるでしょう。そのため操作の練習などであれば、デモトレードから始めてみるのも良いでしょう。

スプレッド

スプレッドとは、FX取引の際に生じる手数料のようなものです。取引通貨の量に応じてスプレッドが自動的に引かれる仕組みになっています。スプレッドに関しては、同じサービスでも通貨ペアによって異なります。

スプレッドが低いFX会社をご紹介しておくと以下のようになります。

・ SBI FXトレード
・ 外貨どっとコム
・ ヒロセ通商
・ みんなのFX
・ DMM FX
・ YJFX!
・ GMOクリック証券
・ LIGHTFX

取引金額が少ない初心者のうちはスプレッドの影響も少ないですが、取引金額が大きくなるとその分スプレッドも大きくなります。スプレッドだけが口座選びの基準ではありませんが、一つの目安として把握しておくと良いでしょう。

通貨ペア

通貨ペアとは、それぞれ2つの通貨の売りと買いが一対になった組み合わせをいいます。それぞれの通貨の売買よって差額が利益や損失になる仕組みはご存じかと思います。そして取引所によってこの通貨ペアが種類が異なるということです。

だいたいドル/円、ドル/ユーロ、ユーロ/円といった基本の通貨ペアはどのサービスでも選択が可能です。

通貨ペアが多いのは、取引の幅が広がりますが、必ずしもそれが良いことだとは限りません。FX取引に慣れている人であっても、通貨ペアの選択を広げるかはそれぞれの判断となります。ドル/円のみで利益を出している、といった投資家も大勢います。

口座開設キャンペーン

新規に口座開設して取引を開始すると、キャンペーンで特典をもらえる場合があります。特典のほとんどはキャッシュバックで、サービス、時期によって条件や金額が異なります。ほとんどの場合は投資した金額に応じて一部のお金が戻ってくる仕組みになっています。

また取引量に対するキャッシュバックなので、利益との相関関係はありません。つまり取引によって利益が出て、さらにキャッシュバックをもらえるという可能性もあります。

総合的に初心者におすすめのFX口座

上記でFX口座の比較ポイントをご案内してまいりましたが、実際おすすめのFX口座をご紹介します。

ちなみにここでご紹介するFX口座はFX初心者向けということなので、特に最低取引単位が低いもの、1,000通貨程度の取引から始めることを前提としています。

外為どっとコム

外為どっとコムは1,000通貨から取引が可能です。またキャンペーン、スプレッド、通貨ペア、といった観点でも優れています。サポートが充実していて利用者も多いFX口座なので、最初に開設するFX口座としておすすめです。

SBI FXトレード

SBI FXトレードの最大の特徴と言えば、1通貨から取引を始められることです。そのため、FXに慣れるためになるべく小額取引から始めてみたいといった方におすすめです。またスプレッドが低く、キャッシュバックもあるといったメリットも挙げられます。通貨ペアの数も多いので、初心者から口座開設を行い、FXに慣れてきた段階でも使えるFX口座です。

YJFX!

YJFX!は1,000通貨から取引が可能な、ヤフーグループが運営するFX取引サービスです。手数料、通貨ペア、キャッシュバックといった点でもおすすめできるのですが、YJFX!ならではの特徴があります。

それは、FXレポートが見やすく、FX学習のためのコンテンツが充実しているということです。FX取引に慣れている人にとってはレポートやコンテンツはそこまで優先度は高くないのですが、FX初心者にとっては重要でしょう。

YJFX!はFX取引をしながら勉強してスキルアップしていける仕組みがそろっているので、YJFX!から取引を始めるのも一つの選択肢です。

LIGHT FX

LIGHT FXも1,000通貨からの取引が可能で、スワップポイントが少なくキャッシュバックも充実しています。初めてのFX口座としてLIGHT FXを選択する人も多いです。

まとめ

FX口座のポイントやおすすめのFX口座をご紹介しました。

各社のサービスは競合しており、一社が市場を独占しているといったことはありません。複数のサービスが初心者が参加しやすいように仕組みやサポート体制を充実させています。

今回ご紹介した比較ポイントや基準などを考慮し、どれか一つに絞ることはせずに複数口座開設をおこない、使いやすさや使用感など確認しながら、最終的にご自身に合ったFX口座を開設していくことが良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

×

成功する人は選んでいます。共に託すTOMOTAQU(トモタク)一口10万円から投資を始められる不動産小口投資