【連載:不動産購入「後」からはじまる投資戦略②】減価償却を終えても投資用マンションが長く収益を生むための「管理」と「耐震補強」

投資

前回のシリーズで、不動産における減価償却の意味について触れました。

はい、法定耐用年数と建物寿命は異なるということでした。

そうですね。今回は減価償却を取り終えた後も投資用マンションを維持し、長く収益を生むために必要な「管理」と「耐震補強」について説明します。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >




【不動産購入「後」からはじまる投資戦略】

  1. 不動産投資は本当に節税になるの?出口戦略を間違えないために「減価償却」を理解しよう
  2. 減価償却を終えても投資用マンションが長く収益を生むための「管理」と「耐震補強」


このエントリーをはてなブックマークに追加

×

FUNDROPではじめる不動産クラウドファンディング