今話題の偽造不可な証明書「NFT」とは?特徴について分かりやすく解説

投資

NFT(Non-Fungible Token)とは偽造不可能なデジタルデータのことです。ブロックチェーン技術を用い、固有の価値を持つものとして存在します。具体的にはどのような特徴があるのか、また、なぜ注目されているのかについて見ていきましょう。

NFTとは代替不可能な財のこと

本来、デジタルデータは簡単に複製や改ざんができるという特徴がありますが、ブロックチェーン技術を活用することで複製できない代替不可能な財にしたものをNFTと呼びます。つまり、NFTとは唯一無二で、複製ができず、偽造もできない資産です。

また、NFT自身に価値があるだけでなく、特定のものに価値を付与するために用いることもできます。例えば特定のものや証明書にNFTを合わせ、そのものや証明書が本物であることを証明するなど、幅広い場面で利用できるでしょう。

暗号資産は代替可能な財(FT)

同じくブロックチェーン技術を用いたデジタルデータとして暗号資産が挙げられるでしょう。しかし、暗号資産は唯一無二ではなく、他の暗号資産と交換することが可能なため、NFTではなくFT(Fungible Token、代替可能な財)です。

例えば、Aという暗号資産を100万円分持っていたとしましょう。この暗号資産は唯一無二のものではないため、別の人が持っている100万円分の暗号資産Aと交換することが可能です。

一方、NFTは一つひとつがオリジナルで、固有の性格や価値を有します。見た目が同じであってもシリアルナンバーが異なるなどの独自性があるため、まったく同じものはひとつとして存在しません。

NFTアートやファッションも誕生

NFTは画像や動画、音楽、絵画などのアートの分野にも進出しています。著名なアーティストが作成したアートが数億円で売却されるなど、アート界のみならず経済界にも衝撃を与えてきました。

また、NFTファッションも少なくありません。有名ブランドとバーチャルブランドとのコラボレーションなども多く、中にはオークションに出品して数秒で完売するなど盛況を見せています。

NFTの5つの特徴

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

COOLのソーシャルレンディング