【後編】不動産投資物件の利回りで見る最新の相場観は

投資

前回に引き続き、利回りに着目して最新の不動産投資物件の相場観をご紹介します。

利回りで相場観を掴むには不動産の内容を揃える

地域、用途(住宅・商業)、構造(木造・RC造など)、築年(新築・中古なら築年数など)といった不動産を構成する要素により、相場を形成する利回りは異なります。同じ地域にある不動産でも、構造や築年の違いによって異なった相場が形成されることになります。

以下では、不動産の内容によってどのような利回りの傾向があるのか見ていきましょう。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

ビジネスパーソンのための老後資金の作り方