不動産投資の新たな選択肢。小口・短期間の不動産投資手法を紹介!

投資

最近よく聞くクラウドファンディングに、不動産を扱う「不動産投資型クラウドファンディング」というものがあります。

一般的な不動産投資とはどのような違いがあるのでしょうか?

不動産投資とは方式や仕組みからさまざまな違いがあります。
今回は不動産投資型クラウドファンディングの特徴について細かく見ていきましょう。

「クラウドファンディング」とはなにか?

新型コロナ禍で厳しい経営を迫られている飲食業や宿泊業への救いの手として、クラウドファンディングによる「共助」がスポットを浴びています。
クラウドファンディングとは、Crowd(群衆)とFunding(資金調達)を組み合わせた言葉で、「インターネットを介して不特定多数の出資者から資金を集める仕組みを指します。

不特定多数からの資金調達は、人数が多くなれば多くなるほど管理工数が増えるため、これまでは実現が難しいものでした。それをフィンテック(金融サービスと情報技術を結びつけた革新的な技術)により可能にしたのがクラウドファンディングです。

集めた資金を何に使うかによって、クラウドファンディングは「寄付型」「購入型」「融資型」などいくつかの種類に分かれます。そんなクラウドファンディングの1つ、不動産投資の新たな選択肢として今回紹介する「不動産投資型クラウドファンディング」です。

不動産投資型クラウドファンディングの特徴

不動産投資型クラウドファンディング(以下、不動産投資型CF)とはどのような投資なのか概略を説明します。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

成功する人は選んでいます。共に託すTOMOTAQU(トモタク)一口10万円から投資を始められる不動産小口投資