【連載:不動産投資は購入してからがスタート!意外と知らない賃貸管理の基本】③募集業務(媒介)委託の種類と選び方

投資

賃貸住宅の入居者募集は不動産会社に委託するのが一般的です。不動産の売買や賃貸などの斡旋・媒介(仲介)業務は、宅地建物取引業法に基づく宅建業免許が必要なためです。

ただ、一口に媒介と言っても契約の種類によって内容が異なりますよね。

そのとおりで、契約の種類によって注意すべきことも変わってきます。3つの媒介契約についてそれぞれの特徴と注意点について紹介します。

媒介契約の種類と違い

賃貸住宅などの入居者募集するにあたって、不動産会社に媒介(仲介)を依頼する場合「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類の契約があります。

媒介契約内容の違いは以下の通りです。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





【連載:不動産投資は購入してからがスタート!意外と知らない賃貸管理の基本】

  1. 賃貸管理の種類と内容
  2. マンション管理と賃貸管理の違い
  3. 募集業務(媒介)委託の種類と選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

×

なぜ、不動産投資の成功者は一棟物件を選ぶのか【会員登録で電子書籍プレゼント!】