プラチナカードのステータス比較!具体的な特典もご紹介します

生活

プラチナカードと言えば、各カード発行元のカードの中でもっともハイステータスのクレジットカードです。厳密に言えば一般的にブラックカードの方がハイステータスなのですが、ブラックカードを設けていないカード発行元も多いです。

実際世界一ハイステータスとよく言われているJCBにもブラックカードはありません。そのため、プラチナカードはもっともステータスの高いクレジットカードと言うことができるでしょう。

そこでこのページでは、ステータスの高いプラチナカードの名前を挙げつつ、具体的な特典についてもご紹介していきます。

ステータスの高いプラチナカードをご紹介

明確にプラチナカードのランキング付けをすることはできません。同じカード発行元のクレジットカードのグレードは順序が明白なのですが、別の発行元のクレジットカードについてはあくまでも人気や世間の印象によるランキングになります。上位から順にご紹介します。

JCBプラチナ

JCBプラチナは世界のクレジットカードの中でもステータスNo.1と呼び声が高いです。また名前はプラチナですが見た目がブラックなので、より一層ステータスが高そうに見えます。

JCBは日本発の国際ブランドですが、世界中で認知されています。実際海外でJCBプラチナを出せば一目置かれるでしょう。日本よりも海外の方がクレジットカードのステータスを見る傾向があるので、たとえばホテルのチェックインや、取引相手が見た際にも印象が良くなるはずです。

またハイステータスのカードにしては年会費がリーズナブルで、27,500円と安いです。特典としては、世界の空港ラウンジが無料で利用できる、レストランで1名分が無料になる、といったサービスが付いています。

ハイステータスなのにコスパが良いという点で人気が高まり、結果的に世界中で人気のハイステータスクレジットカードになっています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは人気という点ではJCBプラチナに劣りますが、富裕層の間ではアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの方が評価される面もあるようです。

理由としては、少し前までは招待制だった、審査難易度が高い、年会費が高い、といった条件があるからです。人気としては手軽に作りやすいJCBプラチナの方が上ですが、難易度が高いという意味合いでのステータスとしてはアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの方が上でしょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの年会費は143,000円と高めに設定されています。特典の内容も、ラグジュアリーホテルやリゾート施設で優待特典、ホテル・メンバーシップと富裕層向けのサービスと言えるでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは上でご紹介したアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードと似ていますが、セゾンと提携した提携カードという点で違いがあります。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が22,000円とアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードよりもかなりリーズナブルです。違いとしては保険の上限がセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方が低い、特定の内容が高級ホテルなどではない、といったことです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは三菱UFJとアメリカン・エキスプレスの提携カードです。年会費は22,000円とセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと同様です。

特典内容は、24時間健康・介護相談サービス、名門ゴルフ場予約代行サービス、一流ホテル優待とどちらかというと年配の方向けのサービスが充実しています。

エポスプラチナ

エポスプラチナは丸井系列の提携カードです。カード会社はVISAになります。年会費は30,000円で、上でご紹介した銀行系の提携カードよりも少し高めです。特典内容は、紛失受付センター24時間、プラチナトラベル、緊急カード発行発行無料などです。

またエポスプラチナは招待制という特徴があり、招待してもらわないと加入することができません。

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは年会費が50,000円とプラチナカードの中でもそこそこ高めの設定です。Black Card Ⅰ 株式会社が発行していて、国際ブランドはMastercardです。特典が充実していて、世界中1300か所以上の空港ラウンジサービスは無料、24時間365日のコンシェルジュサービス、ダイニングサービス、ホテル優待などです。

2008年にできた比較的新しいカードですが、知名度、人気を伸ばしています。

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードは、三井住友が発行するプラチナカードです。年会費は55,000円とプラチナカードの中でも比較的高めです。国際ブランドはVISAかMastercardを選べます。

特典は、レジャーイベント優待サービス、グルメ優待サービス、トラベル優待サービス、コンシェルジュサービスなどです。

ANA VISA プラチナプレミアム

ANA VISA プラチナプレミアムはANAの発行しているプラチナカードで、飛行機の利用が多い人にメリットがあります。年会費は88,000円と高めですが、飛行機関連の特典が非常に充実しています。

具体的には、旅行予約デスク、飲食店優待サービス、海外Wi-Fi、空港手荷物宅配サービス、レンタカーサービス、ゴルフ優待サービス、ホテル宿泊予約サービス、海外サポートデスク、プラチナワインコンシェルジュ、ショッピング優待サービスなどです。

まとめ

ステータスが高く人気のプラチナカードをご紹介しました。プラチナカードはステータスがあってある程度便利な特典が付いているのですが、実際のところそこまで特典を使っていない人も多いでしょう。

どちらかというと、ステータス重視でプラチナカードを所有している人が多いはずです。特に海外では所有しているクレジットカードで評価される部分があり、たとえばプロパーカードのプラチナカードを持っていると信用力が上がるといったことがあります。

ホテルでのサービスも良くなる場合が多いでしょう。特典をフル活用する人はもちろん、そうでない場合にも信用力目的でプラチナカードを持つという選択肢は有効な手段です。一定の年収があるという証明にもなるので、多少高めの年会費を支払う価値があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加