副業所得が20万円を超えたら納税義務あり!税額と確定申告はどうする?

生活

副業による所得にも税金が発生します。所得金額が20万円を超えると所得税の納税義務が課せられるため、確定申告を行う必要も生じるでしょう。また、所得税以外に住民税についても考慮しなくてはいけません。
税率や税金の目安、確定申告を行う基準について見ていきましょう。

副業所得にも所得税が発生する

副業によって所得を得た場合には、所得額に応じて所得税が課税されます。通常は副業による所得が20万円を超えたときに所得税が生じるので、確定申告を行い、適切に納税しましょう。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

ビジネスパーソンのための老後資金の作り方