【連載:現預金と相続税申告】②贈与と贈与税の非課税財産~未成年者への贈与契約書の作成方法~

生活

前回は、贈与とは何か。また贈与税に関する状況を解説していただきました。

「贈与」は「諾成契約」であり、契約するお互いの了解があって初めて「贈与」という契約が成立するんですよね!

その通りです。
そして贈与税は「贈与」を受けたら一部例外(※)を除いて税金がかかります。
(※その財産の性質や贈与する目的により、あるいは贈与財産の価格によっては贈与税がかかりません)

まず今回はその一部例外、つまり贈与税のかからない財産について、いくつか具体的に解説したいと思います。
これから解説するのは同様に、相続開始前3年以内の贈与財産として相続税計算時に加算の対象にもならないものです。

その後、皆様がきっと知りたい税務調査で否認されない生前贈与の方法(未成年者への贈与契約書の作成含む)について解説したいと思います。

贈与税のかからない財産

国税庁の【No.4405 贈与税がかからない場合 国税庁タックスアンサー】より、知っておいて頂きたいものを取り上げていきます。
まず2つ目の項目をご説明します。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





【連載:現預金と相続税申告】

  1. 贈与税の税務調査
  2. 贈与と贈与税の非課税財産~未成年者への贈与契約書の作成方法~

このエントリーをはてなブックマークに追加

×

ビジネスパーソンのための老後資金の作り方