富裕層が子供に習わせたい習い事とは?選ぶ基準やポイント、人気の習い事を紹介

生活

裕福な家庭では、お子さんの教育に多大なお金をかけるという話をよく聞きます。
ところで、富裕層のお子さんがどんな習い事に通っているかご存じですか。

やはりバレエとかは定番じゃないでしょうか?
どんな習い事を選ぶかは、子供の将来の可能性を広げる上でとても重要な課題ですよね。

そうですね。今回の記事では、富裕層の方々がどんな基準で習い事を選んでいるか、富裕層に人気の習い事について紹介していきます。

習い事はどう選ぶ?富裕層の基準を紹介

子供の習い事を選ぶ際、次のような視点で選ぶ方は少なくありません。

  • アクセスしやすいか
  • 面白そうか(子供が続けやすそうか)
  • 友人などが通っているか
  • 料金が手頃か

しかし個人差はあるものの、富裕層では単に「お友だちも行っているから」「面白そうだから」「家から近いから」と習い事を始めることはありません。子供時代は限られていますから、時間を無駄にしないためにも子供の人生にとって有意義な習い事を選びます。

富裕層の方は基準にさえ合致すれば、場所や料金については不問です。
幼少期の習い事によって将来の可能性が広がることを知っているため、お金や手間はいといません。
送り迎えに時間がかかろうと、1時間10,000円以上かかろうと、良い先生・良い教室があると聞けばどこにでも足を運びます。

富裕層の方々は、次の4つのポイントに基づいて子供の習い事を選びます。

グローバルな活躍に役立つか

子供の活躍の場を広げるためにも、習い事のひとつに語学を加える方は少なくありません。インターナショナルスクールに通わせて英語で日常生活を送っている方は、第二外国語として中国語やフランス語、スペイン語などを習わせ、さらに語学の幅を広げています。

また、将来、富裕層の友人と共通の趣味を持つために、乗馬やテニスを習わせる方も多いです。特に乗馬は姿勢維持が大切なスポーツなので、体幹を作る効果も期待できるでしょう。

体の基礎を作れるか

健康な体はすべてにおいての基本です。勉強や習い事、趣味に励むためにも、まずは体の基礎を作っておく必要があるでしょう。

教養を深められるか

勉強やスポーツも大切ですが、人生を豊かにするためにも教養を広く身につけることが大切です。特に音楽系の教養は世界共通ですから、ピアノやバイオリン、声楽などを習わせる方も少なくありません。

日本ならではの教養を身につけることも、子供がグローバルな活躍をする際の助けになります。日本舞踊や茶道、華道を幼い頃から習わせる方も多いです。

コミュニケーションスキルを高められるか

子供の人生を豊かにする要素のひとつに、親友と呼べる友人の多さも挙げられるでしょう。友人を作るためにも、コミュニケーションスキルを高めておくことが必要です。

富裕層の子供たちは長期の休みごとにキャンプやスキー合宿などに参加し、学外の人々とも交流する習慣を身につけています。海外のサマースクールに参加して、寄宿舎生活を送るケースも少なくありません。

富裕層に人気の習い事

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

ビジネスパーソンのための老後資金の作り方