老齢年金はいつから受給できる?受給額を増やす方法もご紹介

生活

老齢年金の受け取りは原則として満65歳から始まります。
しかし、生まれた年によっても開始年が異なるので注意が必要です。
老齢年金の受給開始年齢の変更方法や受給額を増やす方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

老齢年金は原則として満65歳から受給開始

国民年金保険料を納めていた方は一定の年齢を迎えると「老齢基礎年金」を受給し、厚生年金保険料を納めていた方は「老齢厚生年金」も併せて受給することになります。

老齢基礎年金の受給開始は原則として満65歳です。
しかし、厚生年金を納めていた方に関しては、誕生年によっては65歳よりも早い時期から受給できることがあります。

受給開始時期は誕生年によって異なる

厚生年金には60歳以上64歳までに受給できる「特別支給の老齢厚生年金」と、65歳からの「老齢厚生年金」があります。特別支給の老齢厚生年金の受給開始時期は、被保険者の誕生年と性別によって異なります。
以下の表を参考にしてください。

受給開始年齢誕生日(男性)誕生日(女性)
60歳昭和28年4月1日以前昭和33年4月1日以前
61歳昭和28年4月2日~30年4月1日昭和33年4月2日~35年4月1日
62歳昭和30年4月2日~32年4月1日昭和35年4月2日~37年4月1日
63歳昭和32年4月2日~34年4月1日昭和37年4月2日~39年4月1日
64歳昭和34年4月2日~36年4月1日昭和39年4月2日~41年4月1日
65歳昭和36年4月2日以降昭和41年4月2日以降

参考:厚生労働省「50~60代の皆さんへ」

今後、受給開始年齢が引き上げられるかも

厚生年金の受給開始年齢が段階的に60歳から65歳に引き上げられましたが、老齢年金自体の開始年齢をさらに引き上げるという計画もあります。
すでに財務省では68歳を新たな開始年齢とする提案が出されたこともあり、将来的には68歳、70歳ごろから年金を受給できる可能性もあるでしょう。個人年金を利用するなど、各自が老後について備える必要があります。

老齢年金の受給開始時期は変更可能

政府が受給開始年齢を引き上げるのとは別に、各被保険者が任意で受給開始年齢を引き上げる、もしくは引き下げることも可能です。満65歳よりも早いタイミングで受給を始めることを「繰上受給」、遅いタイミングで始めることを「繰下受給」と呼びます。

最大5年間の繰上受給が可能なため、早ければ満60歳から受給することが可能です。
また、繰下受給も最大5年間後まで遅らせることができるので、遅い場合では満70歳からの受給となります。

繰上受給のメリット

受給開始の時期を早くすると老齢年金を早い時期から受給できます。
例えば満60歳で定年退職の会社に勤務している場合なら、老齢年金の受給開始も満60歳にすることで、無収入の期間をなくすことができるでしょう。

満60歳以降も仕事をする場合であっても、給料が下がる場合が想定されます。年金を受け取ることで、下がった分の収入を補填できるかもしれません。
また、早い時期から受給すると受給期間が増えるというメリットもあります。

繰上受給のデメリット

繰上受給を選択すると、1か月あたりの受給額が減ってしまうというデメリットがあります。
1か月繰り上げるごとに金額が0.5%減るため、5年間繰り上げると30%も減額してしまうことになるでしょう。

また、繰上受給後は寡婦年金を受給できないこと、繰上受給が決定してからの初診日に対する障害基礎年金も受給できないことに注意しておきましょう。
繰上受給は一度申請して受理されると、途中で変更はできません。デメリットを十分に把握してから手続きを行うようにしてください。

繰下受給のメリット

繰下受給を選択すると、最大で5年間、受給開始時期を遅らせられます。
1か月遅らせると毎月の受給額が0.7%増えるので、最大で42%も増額させることが可能です。

例えば会社に延長雇用制度などがあり70歳まで働けるのならば、繰下受給をすることで老後の生活をよりゆとりのあるものにできるかもしれません。任意で民間の個人年金保険に加入し、70歳までの安定した収入を確保している方も、繰下受給制度の利用を検討できます。

繰下受給のデメリット

将来のことは誰にも分からないため、年金を繰下受給することにはリスクが伴います。
例えば「70歳から受給しよう」と繰下受給を選んでいた方が70歳までに亡くなり、結局は老齢年金を受給できなかったということにもなりかねません。

また、受給開始のときまで生きていたとしても、受給期間が短くなってしまうリスクは残ります。
1か月の受給額は少なくても早い時期から受給している方がトータルでたくさん受け取れるというケースも多いので、一度シミュレーションしてみることができるでしょう。

健康に不安があり、長生きできるかどうか自信がない場合には、繰下受給はあまりおすすめの方法とはいえません。ご自身の健康やマネープランを含めて考え、受給開始年齢を決定するようにしてください。

ねんきんネットや年金定期便で確認しよう

日本年金機構の被保険者向けのサイト「ねんきんネット」では、予想される年金額や繰上受給・繰下受給したときの年金額のシミュレーションなどが公開されています。将来の年金プランを立てるためにも、こまめにチェックするようにしましょう。

また、定期的に日本年金機構から郵便で「年金定期便」が届きます。こちらもしっかりと確認し、老後プランを立てる際に活用しましょう。

まとめ

老齢年金は老後の生活費の礎となる大切なお金です。
ねんきんネットや年金定期便を使って年金保険料の納付状況を確認し、マネープランを立てる際に役立てましょう。

また、繰上受給を選択することで満60歳から年金を受給できますが、1か月当たりの年金額は減ってしまいます。
繰上受給と繰下受給のメリット・デメリットを把握し、自分に合うタイミングで受け取れるようにしておきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

×

FUNDROPではじめる不動産クラウドファンディング