2024年に新NISAが開始!何が変わる?今までのNISAはどうなる?

生活

2024年に”新NISA”が始まるため新たに現”NISA”には加入できなくなります。制度がどのように変わるのか、メリットやデメリット、また、従来の制度を利用している人にとっては何が変わるのかについてまとめました。

新NISAとは2024年に始まる新非課税投資制度

”新NISA”とは2024年に始まる非課税投資制度です。
”NISA”には、通常の”NISA”や”つみたてNISA”、”ジュニアNISA”の3つの種類があるため、区別するために「新」をつけて呼ぶことがあります。従来のNISA制度とは何が異なるのか詳しく見ていきましょう。

積立投資とその他の投資の2階建構造

新NISA制度は今までの3つのNISA制度とは異なり、2階建構造となっています。
1階部分は「積立投資」で、公募株式投資信託などの比較的安定性が高いとされる積立投資を年20万円まで行います。その上で、2階部分の「株式投資・投資信託」を行います。

なお、1階部分の積立投資では、”つみたてNISA”の対象商品に対してのみ、投資を行うことが可能です。原則として1階部分を利用しないと2階部分を利用できない仕組みになっています。

投資経験者は積立投資をしなくてもOK

原則としては1階部分、つまり積立投資をした人のみ2階部分の株式投資や積立以外の投資信託を利用できますが、2023年までにNISA口座を開設した人や投資経験者は1階部分を利用せずに2階部分だけ利用することが可能です。

ただし、投資経験者であっても、2階部分ではレバレッジ効果が高い投資信託や、上場株式の整理銘柄、管理銘柄への投資はできません。

【メリット】投資上限額が増えた

”新NISA”は1階部分の積立投資枠で年間最大20万円まで、2階部分の株式・投資信用枠は年間最大102万円まで利用できます。つまり1年間で122万円、5年間では610万円までの投資が可能です。

従来の”NISA”は年間120万円、5年間で最大600万円までの投資に対応していたので、投資上限額は10万円増えたと考えられます。

【デメリット】制度が複雑化した

非課税で投資できる枠は年間2万円増えましたが、本当に投資できるチャンスが増えたのかというとそうではありません。1階部分を使わないと2階部分で投資ができないなど、精度が複雑化したことで、かえって利用しづらく感じることもあるでしょう。

例えば積立投資をしたくない人や投資経験者であれば、2階部分だけを用いて投資することになるかもしれません。従来の”NISA”では株式投資や投資信託を年間上限120万円まで行えましたが、”新NISA”では上限が102万円となるので、実際に投資できる金額が減り、その分、利益も減る可能性があります。

しかし、積立投資も積立以外も行いたい人にとっては、”新NISA”は良いとこどりの制度といえるでしょう。現行の制度では”NISA”と”つみたてNISA”はどちらか一方しか利用できないため、”つみたてNISA”を利用するのであれば通常の投資は課税対象に、通常の投資に”NISA”を利用すれば積立投信は課税対象になります。

とはいえ、積立で利用できる金額が少ないため、積立投資に重きを置きたい人には使い勝手がよくないと感じるかもしれません。つまり、”新NISA”は通常の投資をメインにしつつも、リスク回避のために積立投資を少し手掛けるというスタンスの制度といえるでしょう。

新NISA制度開始でほかのNISAはどう変わる?

新NISA制度が始まることで、従来の3つのNISA制度も変化します。主な変化について見ていきましょう。

NISA

”新NISA”は”NISA”を新しくした制度です。そのため、”新NISA”が始まることで”NISA”は終了し、2023年が最後の投資のチャンスとなります。すでにNISA口座を開設している人は、2024年に自動的に新NISA口座に移行され、新たに投資をするときは1階部分・2階部分に分けて資産を運用することが必要です。

つみたてNISA

”つみたてNISA”は従来の”NISA”とも”新NISA”とも併用できない非課税投資制度です。年間最大40万円まで投資でき、最長20年間運用することができます。

”つみたてNISA”は2037年まで投資できる制度とされていましたが、”新NISA”の誕生に伴う改定により、投資期間が延長され2042年まで運用できるようになりました。

年間に投資できる金額は最大40万円と低めですが、20年間という長期にわたって運用できるため、低利回りでも大きく増やしやすいとされています。積立投資をメインにして資産運用をするのであれば、”新NISA”よりは”つみたてNISA”のほうが利用しやすいでしょう。

ジュニアNISA

”ジュニアNISA”は、口座を開設する年の1月1日時点で0~19歳の人が利用できる非課税投資制度です。投資上限額は80万円と通常の”NISA”よりも低いですが、二親等以内の親族であれば運用管理できるので、家庭内の非課税投資額を増やす効果もあります。

”ジュニアNISA”は今回の改正に伴い、2023年年末に終了です。また、従来は18歳になるまで払い出し制限がありましたが、2024年以降は18歳未満であっても払い出しが可能になっています。

まとめ

新NISA制度が始まることで、積立投資をベースにリスクを抑えつつ非課税投資を行うことができるようになります。しかし、積立投資を行わない場合は、従来よりも投資枠が減ることにもなり、本当に使いやすくなったのか疑問が残るでしょう。2023年までにNISA口座を開設し、”NISA”を使った投資に慣れてから”新NISA”に移行するほうがスムーズかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

×

なぜ、不動産投資の成功者は一棟物件を選ぶのか【会員登録で電子書籍プレゼント!】