【分かりやすく解説】要介護認定ってなに?各認定ランクの目安は?

介護・老後

親が年を取るにつれ、だんだん気になりはじめる「介護」という言葉。
年齢を重ねていけば必ずといって良いほど必要になる「介護」ですが、
実際に介護が必要になった時には詳細が分からずあわてて準備・・・
というお話を耳にします。

日本では国で介護制度を設けており、「要介護認定」を受けることで様々なサービスを受けることができます。
「要介護認定」とはなんでしょうか?どんな基準なのでしょうか?

こちらのページで分かりやすく解説をいたします。

要介護認定ってなに?

介護保険制度では、

・寝たきり、認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)
・家事や身支度など日常生活に支援が必要で、特に介護予防サービスが効果的な状態(要支援状態)

になった場合に、介護サービスや給付金を受けることができます。

要介護・要支援制度には身体の状態によってランクがあり、

・要支援は1~2
・要介護は1~5

合計7段階となります。
このランクを判定することを「要介護認定(要支援認定を含む)」と呼び、市区町村に設置される介護認定審査会で判定されます。

尚、判定条件ですが、判定によって要介護認定のランクによって受けられるサービスや給付金額や変わります。
全国一律で決まっている客観的な基準に沿って判定されます。

要介護認定の目安

要介護認定の概要についてご説明いたしましたが、実際に要介護認定を受ける際にどんな基準でランク分けされるのでしょうか。
各ランクの目安をまとめましたので、下記の表をご覧ください。

【ここから先は会員の方のみご覧頂けます 】
 会員登録 >



利用できる介護サービスについては、
介護アドバイザー横井先生の記事【表で比較】介護施設・老人ホームの種類と特徴」をご覧ください。

また、介護サービスの利用に伴う資金のご相談は「おかねの窓口相談センター」でも承っております。
お気軽にご相談くださいませ。