【分かりやすく解説】成年後見制度ってなに?どんな時に必要なの?

介護・老後

「認知症」という言葉と一緒に度々登場する「成人後見制度」というキーワード。
「成人後見制度」とは認知症などの理由で判断能力が不十分な人を保護するため、契約や財産管理を代理で行う制度として制定されています。

この「成人後見制度」とは具体的にどんな制度なのでしょうか?どんな時に必要な制度なのでしょうか??
こちらの記事では成人後見制度について分かりやすくご説明いたします。

成人後見制度ってどんな制度?

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な状態になった時、

【ここから先は会員の方のみご覧頂けます 】
 会員登録 >



資金のご用意にお困りの際は、おかねの窓口相談センターで相談で承っております。
お気軽に下記へご相談ください。