【専門家が解説】2000万円問題とはなんだったのか?老後資金をシミュレーション

税金

今回は2000万円問題を取り上げます。

2000万円問題って聞いたことはありますけど、一体何のことでしょうか?…というかニュースとして、もう旬は過ぎてませんか?

そんなことないですよ。君にも関係してくる話かもしれませんよ。
一言でいえば、老後の生活費不足問題、その金額が2000万円ということだね。

え~!!そんなに足りないんですか!私にも平穏な老後は来るんでしょうか。。。

2000万円問題が話題になった発端って?

2000万円問題が話題になったのは、2019年6月のことでした。

そもそもの発端は、金融庁が公表した『高齢化社会における資産形成・管理』(以下、本報告書)です。
実はこの報告書、「老後に2000万円が不足する」というのは本題ではないんです。

タイトルに「資産形成」とある通り、「投資を促進する環境を整える」ということがテーマだったようです。

そのことは、資料内の「資産形成、マネープラン、金融リテラシー(知識)」という言葉や、本報告書の作成メンバー(プライベートエクイティファンドであるブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社の特別顧問、専門誌「投資信託事情」発行人兼編集長など)からも読み取ることができます。

では、なぜ投資の話から老後のお金の話になったのでしょうか。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >




このエントリーをはてなブックマークに追加

×

投資家向けIoT住宅ロボットハウス 投資家目線で建築工程を密着取材