キャッシュレスで還元受けてる?「キャッシュレス消費者還元」と税金

税金

消費税増税のタイミングに合わせて、キャッシュレス?消費者還元?
なんだかとりあえずキャッシュレスを使うと
お得というイメージがありますが、どうなのでしょうか。

はい、キャッシュレス消費者還元事業ですよね。
確かにキャッシュレス決済をした場合、決済額の2%もしくは5%が還元されます。

私もキャッシュレス決済はしていると思いますが、
あんまり得をしているという実感はない気が、、、

還元がどのようにされるのか、税金はどうなるのか、その辺りを説明していきましょう。

消費者還元事業とは

キャッシュレス決済。みなさんは使っていますか。

決済情報が監視されていそうで怖い?確かにそういう見方・ご意見もごもっともですが、今回は踏み込みません。
あくまでもお得・便利・税金という観点から説明していきます。

さて消費税増税に伴い、2019年10月1日から「キャッシュレス消費者還元事業」が、2020年6月30日までの期間限定で始まりました。キャッシュレス決済時に、決済額の

2%:フランチャイズ(例:コンビニ、ガソリンスタンド)
5%:中小企業(例:町の八百屋さん、書店)

が還元されます。

しかし、「中小企業」というのがやっかいでして、私の実例で言えば「有隣堂」さん(横浜発祥で、神奈川県民で知らない人はおそらくいない大規模書店)で5%還元を受けました。
「中小企業」の細かな基準があるとはいえ、還元対象店舗かどうかは店舗に掲げられている旗で判断しましょう。

この旗のあるお店でキャッシュレス決済をした場合に、還元がうけられます。
ただし、医療費、商品券、プリペイドカード、株式、車両等、還元対象外の商品もあります。

例えば、コンビニは還元対象だと思ってプリペイドカードを買ったとしても、還元対象にはなりません。

では、キャッシュレス決済とは何かというと、大きくわけて3つ。

  • クレジットカード
  • 電子マネー(Suica、pasmo、nanacoなど)
  • QRコード(PayPay、d払い、au pay)

となっております。
くわしくは、こちらから調べることができます。

とはいえ調べるのは大変だと思いますので、身近な詳しそうな人に聞いてみるのが一番かもしれませんね。

還元方法

【ここから先は会員の方のみご覧頂けます 】
 会員登録 >



税理士法人"新みらい会計"