ローンの審査に通らない!?スマホ料金の不払いとブラックリストって関係あるの?

ローン

すみちゃんは、スマホ料金が不払いだとブラックリストになるって知ってましたか?

え、そうなんですか?知らなかったです!

ちょっと驚きますよね。
ちなみにブラックリストというのは俗称ですね。
簡単に言うと、「信用情報」というものにネガティブな情報が登録された状態のことを、「ブラックリスト」に載る、「ブラック」になった、と言っている、といった感じでしょうか。

なるほど。そうだったんですね。
「信用情報」って言葉は聞いたことあるけれど、詳しいことは知らない気がします。

信用情報とは、ローンやクレジット代金の返済・支払いの履歴のことで、俗に言う「クレジットヒストリー」のことですね。

ということは、信用情報に問題があると、住宅ローンや自動車ローンを組めなかったり、クレジットカードを発行できなかったりするってことですね。
でも、私にはブラックとかあまり関係なさそうだなぁ。。。

皆さんそう思われますよね?
ところが、近年、思わぬ原因で信用情報が傷つき、所謂「ブラック」な状態になってしまったという方が増えているんです!

え!?そうなんですか!?
自分でも気付かないうちにブラックになってるなんて怖いです。。。原因を教えてください!

それは、「スマホ料金の不払い」です!!
それでは、信用情報について、少し詳しく説明しますね。

信用情報の仕組み

信用情報とは、㈱シー・アイ・シー(CIC)、㈱日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という信用情報機関に登録された情報のことです。

登録される情報は、簡単に言うと下記の3つです。

①誰が
②どのような契約をして
③その支払状況や残高はどうなっているか


登録される情報の具体的な項目・内容は公表されているので、興味のある方は各社のHP等を見てみるといいかもしれませんね。

ちなみに、信用情報として登録されるのは「与信が発生する取引」で、例えば、銀行や貸金業者からの借入れ、個別クレジットやクレジットカードなどのクレジット取引、リース契約などです。
これに対し、通常の売買契約などは与信が伴わないため、信用情報の対象とはならず、その取引に関する情報が登録されることはありません。

ところで、信用情報は、各信用情報機関に加盟した企業(クレジット会社、銀行等)が顧客からクレジットやローンの申込みを受けた場合に、与信審査のために参照し、また、その契約内容や支払状況を新たな信用情報として登録していきます。

そのようにして信用情報機関に登録された信用情報は、また別の加盟企業が与信審査に際して使用することになります。

つまり、どこか一社に対してでも返済・支払いを怠ると、返済・支払いが行われていないという延滞情報が登録されてしまいます。

そうするとどうなるか?

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

FUNDROPではじめる不動産クラウドファンディング