不動産投資で住宅ローンを利用するのは違法?老後の不安と不動産投資問題

ローン

ジャッジガベルと家

最近、「住宅ローンからアパートローンへ借り換えたい」という相談が増えています。

そうなんですか。どうしてですか?

事の発端は「老後の不安」です。
不動産業者が主催する不動産投資セミナーに参加し、自分や家族の老後の生活資金に不安を抱いていた相談者は、「将来の年金代わりになるのなら…」という理由で、不動産投資をはじめることにしたそうです。
投資する物件もローンも不動産業者が準備するそうですよ。

なんだか怪しいですね。

相談者は不動産業者に言われるがままに、マンションの1室を購入して不動産投資を始め、その時に申し込んだローンが「住宅ローン」だったそうです。
最近になって知人から「それは違法行為」だと諭され、相談に来られました。今回は、住宅ローンを使った違法な不動産投資問題について解説します。

不動産投資で住宅ローンを使うのは違法な行為

ジャッジガベルを片手に持つスーツを着た男性

住宅ローンは「本人やその家族が居住するための住居購入」を目的とする融資です。

住宅ローンを使って投資用の不動産を購入するということは、ローン申込人(債務者)は金融機関をだまして金銭を借りていることになり、民法上の詐欺(民法96条)や刑事上の詐欺罪(刑法246条)に該当する可能性があります。

このような場合に金融機関側は住宅ローン契約を取り消すことができ、住宅ローン契約がなかった状態に戻すため、貸し付けた金銭の残金一括払いを求めることになります。

不正に至ってしまう経緯は?

コインの上にインヴェストと書かれた積木

なぜこのような不正を行ってしまうのでしょうか。

その理由を考えてみましょう。

【ここから先は会員(無料)の方のみご覧頂けます 】
 会員登録(無料) >





このエントリーをはてなブックマークに追加

×

COOLのソーシャルレンディング