リースバックとは?

リースバックとは、 「自宅を売却して、賃貸借契約としてそのまま住み続けることができる制度」です。 不景気の影響で収入が予想以上に伸び悩み、生活設計が崩れて借金が雪だるま式に膨らんで・・・という話はもはや他人事ではありません。
そのような中、生活環境をそのままに資金を調達する方法として注目されている制度ですが、

  • 具体的にどのような制度なのでしょうか?
  • メリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらのページでは、図を用いて分かりやすくひも解いていきます。

どのような制度なの?

基本的には自宅(不動産)を売却して資金を調達するシンプルな方法です。しかし、それだけでは普通に家を売るのと変わりません。
リースバックは、あなたの自宅(不動産)をリースバック業者へ売却し、同時に賃貸借契約をします。
その後、あなたは月々の賃料を払いながら売却した自宅に住み続けることになります。

メリットとデメリット

では、次にメリットとデメリットについてお話いたします。

メリットとしては、以下が挙げられます。

  • 自宅(不動産)を売却後そのまま賃貸住宅としてお金を払って住み続けることができる
  • 業者が買い取ってくれるので、すぐに売却できる
  • 条件によっては買い戻しも可能

また、デメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 毎月家賃の支払う必要がある
  • 家が自分の資産ではなくなる
  • 普通に売るより不動産の査定額が低い場合もある

メリット・デメリットを理解した上で、ご自身に合ったローンを組むことが老後の生活を充実させる秘訣と言えるでしょう。